へなぴこの「ああ、人生すべてネタ」

田舎に引越し、ほそぼそと地味に生きています。                                                                    運んだ荷物を開封したら、笑いの神もついてきていました・・・

2018ビギナーズエンデューロ松原 その6

先週末はいいお天気でした。

こびとさんは土日で150をバラせるだけばらして、整備して組み直すという至難の大業をやっており、無事組み上がったようです。

ネジは余ってなかったようなのでたぶん大丈夫でしょう。

写真を撮りながら作業していたので、レポが終わればそのお話になるはず。

さて、ゲレンデに作られたコースなので、


QBIC0409
ものすごくのぼって、ものすごく下ります。

平らに見えても、平らではありません。

石や穴があってでこぼこしており、草刈り後の草がそのままなので滑ったりします。

ああ、こわい・・・

QBIC0342
ものすごく長い距離下ってるので、途中で自分が思ってるより速くなってしまい、何度もどうしよう、どうしよう、こんなスピードちゃうねんってなりましたが、前を見るとまだ半分ぐらい残っていて、ヒヤヒヤすることが何回もありました。


QBIC0497
後半、九十九折りを降りて行くのですが、そこは角度が急じゃないので気持ちよく、秋の景色を楽しめました。
(いや、楽しむなよ)



QBIC0346
ステアの前でミカン農家さんとこびとさんに出会いました。



PB040133

PB040200


PB040162

PB040085
その周辺で撮ってくれた写真です。



QBIC0414
ローアングルでパンチラ?をねらっているカメラマンもおりました。


QBIC0225

まろさんには何度もラップされました。

ええい、調子よく走って昇格したらええのに・・・って心から思いましたわ・・・(その通りになった

私は2周目以降も順調に

QBIC0475
また左足が見えてるのですが、

QBIC0476
屈伸、腕立て以外にも、力仕事をおりまぜながら走っておりました。



QBIC0550
まっさんにラップされて、


QBIC0554
その直後に右にターンしながら登るのですが、前にまっさんがいない・・・

ふと視線を右下にすると、

なんと、

まっさんが、

恒例の

森の妖精になってます。
(まっさんは、レース中にコース外の草むらに住み着く習性があります)

かなりの角度を転げ落ちたので、さすがに心配になって、


QBIC0559
バイクをいったんとめて、助けにいこうとしました。
(これはこけて起こしてる写真じゃなくて、とめてるとこ)

ほんまやで。


しばらくして、スタッフの

「大丈夫ですか?」

って声が森の中から聞こえてきたので、じゃあ、大丈夫や・・・と思って出発しました。



QBIC0561
これが、そのとき撮った写真なんですが、遠くてわかりずらい。


BlogPaint
この○で囲んだとこに妖精のヘルメットが見えてます。

妖精なので、ぼんやりとしか写らないのかもしれません。

2018ビギナーズエンデューロ 松原 その5

さ、しぶしぶおでかけです。

PB040038
ちゃんとこのバイクに乗るのは5月以来なので、いろいろ思い出さないといけませんが、

こびとさんいわく、スプロケを1丁落としたので、よく登るようになってるそうです。

PB040039
この時点で、へなぴこさんおりません。


PB040040
ようやくやってきました。

何をしてたかというと、スタートラインにどこから行ったらいいかわからず迷子になってました。

こっちちゃうで・・・と言われて引き返して、ようやく到着です。

先が思いやられます。

QBIC0018
そんなわけで2列目の端っこです。

私のカメラはですね、動画設定をしたつもりが、なぜか数秒ごとに写真を撮るという設定になっておりまして、

気づいたのは1周目の途中。

カシャ、

カシャ、

ってシャッター音がするから、誰かが(このとき浮かんだのはみやたさん)が私のナイスショットを狙っているな。。。と思ったら、自分の胸元でシャッター音がなってました。

まあ、これはこれでおもしろい証拠写真がたくさん撮れておりました。

PB040050
スタートです。



PB040056
出遅れました。

PB040059
あーあ。。。と思ってるとこです。

PB040064
自称プロライダーのマーシャルさんです。


出遅れた・・・

これはですね、鮮明に覚えてます。

ポンッと勢いよく出るつもりでいたのですが、

握ってるクラッチを離しそこねたんですね。

で、ほんの一瞬遅れたとこで、



QBIC0037
ものすごい量の泥が飛んできて、ちょっとひるんでしまったんですわ。

この出遅れが相当あとから響きます。



QBIC0073
出てすぐはよかったのですが、


どろどろの登りがございまして、


到着した頃には、


QBIC0088 - コピー
ラインがありませんでした・・・


ありゃあ・・・




QBIC0110
押したり


QBIC0123
転がったり・・・


QBIC0129
マーシャルさんにひっぱってもらって


QBIC0151
プロライダーさんにアドバイスもらって



QBIC0157
ようやく脱出です。


まあまあ長い時間滞在させていただいたのですが、

ここにいる間にトップ集団にラップされました

はあ・・・

そして上まで登って

QBIC0258
ちょっと急なくだりの前で
(左足が映ってるので、こけてる途中ですね)


QBIC0263
はい、こけました。

そして、乗って下るためにまたがろうと試みましたが、

足場が悪くて、どうにもまたがることができず、


securedownload

このような写真をパパラッチみやたさんに撮られてしまいました。



後ろにみやたさんがいたのは知っていたのですが、にやっとした顔が目に浮かびましたわ・・・













2018ビギナーズエンデューロ 松原 その4

下見が終わってピットに戻ってきました。

車検も前日に受けられたので受けておきました。


PB030013
またもや、クラッチ重いとか言われて、凹むはちまき・・・はもうしてないか・・・

ミカン農家さん。


「私の乗るバイク、足つきが悪いの・・・シクシク」

という雰囲気をかもしだしていたら、

世界のイケマチさんが、そんなん、10分ぐらいでつくようになるで・・・

って言ってくれて、


PB030016

この方、まるでバイク屋さんみたいにリアサスをあっちゅうまにはずしてくれました。
(注:こびとさんのお友達でほんまにバイク屋さんです。料亭の人ではありません)

PB030019
おもしろそうな香りがただよったのでしょう・・・

みやたさんが寄ってきました。

よってたかっていろいろしてくれてます。

私がわかる範囲で書くと、

リアサスをこれ以上ないぐらいにぽよんぽよんにしてくれて、

フロントフォークの突き出しを増やしている図です。

車高が下がったわけではなく、たくさん沈むようになりました。


PB030021
そしてみやたさんは、さっそくまたがってました。

あらまあ、よく足がつくこと・・・

私がまたがってみると、

今までは、ふとももの裏をシートに乗せて片足がついていたのですが、

お尻を少しだけずらしたら、片足のつま先がつくようになりました。

おお、これでずいぶん気が楽です。

まっさんの踏み台がなくてもスタートできそうな気がします。

バイク屋ねおさんの出張サービスでございました。

ありがとうございます。


気が楽になったところで、みんなで温泉へ。
(ミカン農家さんは楽になってないけど)

そして、


PB030023
宴会開始です。



PB030025
我が家は七輪を持っていき、各自、焼きたいものを持ってきてもらいました。

P_20181102_184715
そして私は金曜日におでんを仕込んで持って行きました。
(サーモスの保温鍋で作ったので移動中にも調理しているようなものです)

なかなかおいしかったです。

そして就寝。

PB040030
翌朝もいい天気でございました。


PB040027
ライダーズミーティングをしてからの


PB040035

まろさん、まっさん、



PB040037
そして私が出発です。

ゲレンデぐーるぐる、ノンストップ、休みどころなし、屈伸運動、腕立て伏せを2時間するようなものでございます。

ま、私の場合はその間に、力仕事(こけたバイク起す)がわりと頻繁に入ることとなりますが、

怪我せず、

腕が抜けず、

バイクをそんなに壊さずこびとさんに渡すのが第一でございます。

ちょっとぐらいは許容範囲で想定内




最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

へなぴこ

過去のネタ(HPより)
バイク
 へなぴこ所有バイク
過去の日記
 これまでの日記
 2005年はコチラ
 2004年はコチラ

2006年までの出来事
 2007年からはblogで書いてます
用語集
 普段は役に立ちません
格言
 なんの重みもありません
ぷるふぃーる
 育成記録です

メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ