どんどん山奥に入っていきます。
で、やっとお昼頃、モトパークに着きました。

が、しかーし、ピットは一見乾いているように見えますが、すでに半分以上の車は自力走行不可です。

pw4.jpg

(トラクター(映ってないけど・・・)でけん引されるトランポ)


うーん、帰ることができるんやろか?

いつもは、「なんとかなるっしょ」とおおらかな考え方をするカエルもさすがに不安を胸にいだきつつ、荷物を降ろし、テントを組み立てるのでありました。

金曜日の出発前にN650さんから「○○さんに3000円立替払いしておいて。先方と話ついてるし」といきなりわけのわからん頼まれごとをし、カエルはその人の顔を知らないので、ゼッケンナンバーだけ聞き、きょろきょろ何度かピットを探すのですが見つかりません。
結局土曜日は見つけられず、明日のスタートの前に探すことにして、この日はあきらめました。

っていうか、あーた!立替分の3000円、カエルに払う前にモンゴルに旅立ちましたぬあああああ!怒り

ええい!帰ってきたら取立てぢゃドクロ

話はそれますが、そんなわけでN650さんはラリーレイドモンゴルに出発です。
気をつけていってらっさいまし~~~(⌒ー⌒)ノ~~~
その間に夏のこそ練しときますわ~~~~(たぶん)


夕方になってから、Y本氏、総帥、きんちゃん、カエルで一部のコースの下見に出かけました。

結論から言うと、下見した部分はすべて当日カットされ、使われなかったのですが、ちょっとここで苦言その1。

カエルは過去に何度かレースのコーステープ貼り等お手伝いをしてます。
(穴も掘りますが・・・(^^;)
で、そういう目で見た場合、コース内に数箇所、これは怪我するよ!って場所がありました。
次回以降は、もうちょっと気をつけてコースを作っていただきたいなあと思います。


夜は、ダースペの方々と合同BBQ。
カエルは前夜祭なるものは初めてですがもちろん、アルコールジョッキは控えめ。
お肉も控えめです。
怪人さんが、ワタシたちを暗闇の中、探し出して挨拶をしにきてくれました笑い

が、しかーし、ここで、恐れていたこと・・・そう、雨雨が降り出してきました悲しい

おまけにかみなり雷までなる始末・・・

お隣のピットには1人でも「八木軍団」を名乗る、ヤ○さんというとてもおもしろい元枚方在住の人もいて、とても楽しかったのですが、次の日が早いので10時には寝ました。

でも、あまりの雨の音で何度も目が覚めました悲しい