P2220043

自転車を置くスタンドも用意されてました。


おおっと。。。



P2220042

ママチャリです。

今回、自転車は高低差300mと聞いていたので、なかなかの登りのはずですが、
なんという命知らずなんでしょう。。。

みんなはかっちょいいロードレーサーにビンディングな靴なわけで、いつもMTBでスニーカーなので心配されるのですが、本日もほどほどに心配していただきました。
しかし、ママチャリには負けますわ。

P2220045

ぽけーっと待ってるうちに、1番手が帰ってきたぞーっとかいう噂が流れます。


P2220048

チームで出場していて、思ったより早く帰ってきて慌てて自転車取りに行く姿も・・・

P2220047

ちなみにトレールラン一番手で帰ってきた人は、ママチャリの持ち主・・・



相棒さんが帰ってきたので、ぼちぼち出発することにします。

この時は、霧雨のような状態。

ほとんどやんでいたので、カッパを着るのはやめて、ウィンドブレーカーにしました。

P2220049

迷いそうなとこにはちゃんとスタッフがいて、応援してくれます。

P2220050

写真撮りながら登ってみます。

P2220052

ジグザグと写真の奥の方へ進んでいきます。

まあ、なかなかの斜度でございました。

坂道手前と途中でドリンクタイムをとった以外は休まずに上れました。

P2220054

上から撮った景色。

写真をとれたのはここまで。

下りにさしかかる辺りから、雨が降ってきまして・・・


路面はすべりそうでこわいし、ずっとブレーキを握りしめ、カタカタ震えながら、無事下山し、たどり着きました。

寒かったあああああああ( ̄▽ ̄;)

P2220055

スタッフさんは、エントラントが戻ってくるたび、雨のなか、ゴール付近あたりまで出てきて、拍手で出迎えてくれました。


聞いたところ、ママチャリの命知らずのお方、なんでも、モンブランとか海外のレースに出るような本物の命知らずなお方でした・・・(^-^;