さて、駐車場に戻って車を見ると、


さ~ら~に
(できればジャパ○ットの前社長風に発音してください)




P1240122

雪が積もってました。


ハイルーフになった気分ですね。



P1240124

断面図がこちら。


ドアあけたら、車内に吹き込んでくるし、もうわやですがな。


タブレットで、今から帰る道の峠のライブカメラを見ると、車道は通れる様子だったのでひと安心して、でもとっとと帰ることとしました。

四駆にいれ、ふかふかの雪道を通り、アイスバーンな車道をしばらく通って、宇和島市内に出るとそれほど車道には積もってません。


な~んだと思ってたのですが、我が家まではいくつもの関門の峠がある・・・

ずっと2速か3速ゆっくり進むものの、渋滞というほどではない。


最大の難関と思われる法華津峠にさしかかる手前の信号で、


ガードマンをよそおった、ロールプレイングにでてくる王様ぐらいの能力と眼力のあるに違いない普通のおっちゃんが立ってました。


この峠を通れる能力のある選ばれし者かそうでないものかを1台ずつ止めて確認してました。


ジロッとタイヤを見るおっちゃん。


窓をあけて、

「スタッドレスで、四駆です!」



いけ、勇者よ!このいばらの道を進み、その手で剣を抜き、わが大地を救うのじゃ!



とは言ってくれず、




はい、どーぞとあっさり通されて、前に進みました。

ち、やっぱ普通のおっちゃんか(-ε- )


横の道にはえらばれなかった者達が集う広場がありました。


なもんで、この峠はえらばれし勇者ロードだったので、わりとあっさりクリア。

でもここらあたりから、センターラインも停止線も真っ白けでなーんも見えないので、だいたいで走ります。


標高の高い西予市内は標高が高いなりに横移動なので、ここもわりとあっさりクリア。


自分の住んでる市内へはここから下るので、ほっとひと安心。

トンネルとトンネルの間の橋はよく凍るのでそこは車間距離あけてゆっくり。


で、市内にさしかかり、ゆっくりくだっていてしばらくしたら、


そういや、対向車あんまりこないなあと思ってたところだったのですが、

対向車線にトラックが二台横並びで止まっていて、道路脇のあちこちに持ち主のいない車が放置・・・


そこから対向車線は渋滞。。。


なかには、ちゃんとチェーンを巻いている車もいたのですが、先頭はトラックが二重に停止しているのでは、どうにもなりません。


あ~あ、と思いながら、自分は無事帰宅。

いつもの倍以上かかりましたが、想定の範囲内。


翌朝ネットでこの道はニュースになってましたし、うちの家からちょっと行ったところのトンネルはNHKの全国ニュースでもでてましたね。。。

うお、すぐそこやん・・・って思いましたわ。

あちこちでこんなことになってると思ったら、意外に市内だけだったという印象です。

まあ、日曜日でよかったです。これが平日だともっととんでもなかったでしょう。。。

そんなわけで、呪われた大地を救ったえらばれし勇者のお話でした。

違うか。。。(^-^;