なんと、

P5130227
左端、くりちゃんがホールショット決めてます。

私は、順調に最後尾を周回。


P5130230
雨が降ったといえども、私の走った初級クラスは、走り始めは轍もそんなになく、コース整備を丁寧にしていただいていたのだなあと思いました。


P5130238
まだ河川敷で30分しか乗ってないので最初の30分はギアがわからず悩み、

P5130239
今まで足のつかないバイクでレースに出たことはなく、レース中こけないためにいろいろ考えました。

バランスくずしそうになってもアクセルちょっとあけて耐え、ラインをガン見して選んで走りました。




P5130242
そんな中でも後半、見つけてたラインはみんなも見つけてるわけで、そこに轍ができて水がたまったり、最初より深くなった水たまりでバランスくずして足をついたり、

一番危なかったのは河原からコースに入るときの水たまりで前の人が止まったとき・・・

うおー、こっちは止まったらこけるどー(>。<)

おっとっとっとっとっとっと・・・

となって、スタッフの人がかけよってきてくれましたが、なんとか耐えてこけずに自力で進みました。

このように多少傾いて足がついたときもありましたが(本能的に傾けたのはすべて右側)、車体が軽いのでなんとかなりました。



P5130241
こびとさんからは、いきなり火がついてアクセルあけたりせんようにと言われてまして、まあ、150で出てみたら?と言ってみたものの、心配だったのでしょう。
あ、私の心配じゃなくて、バイクの心配です。

身内にラップされたときは、ちょっとアクセルあけかけましたが、泥をあびせかけられても耐えました


みんなにラップされまくりましたが、チェケラッチョが後半、こっちむいて止まってた隙に抜いて、なんとかチェケラッチョの1つ前の順位でゴール。


P5130243
無事ピットまで戻ってきましたとさ。

そんなわけでこけるようなスピードも出していませんが、前回20分のレースで2回こけたこと考えると、河川敷で30分しか乗ってないわりには、雨の中、こけずに走りきったのでよかったと思います。


急いでゼッケンを剥がし、ガソリンたして、サスの設定かえてから、こびとさんがスタートラインにつきました。

心配なのは、アクセルあんまりあけず、


すぼぼぼぼー


と走ってたので、プラグがかぶってないかどうかですな。


知ーらないっと