その後も

7
こんなとこ走ったり、


IMG_0025
倒木よけて道を作って、


IMG_0027
逝けるって判断で走ったり、


IMG_0030
道に迷ってみたり


IMG_0031
土砂崩れで石ごろごろを


IMG_0033
逝けるって判断で走ったりしましたが、



8
小排気量にはつらいガレ場。

にぎりこぶしぐらいの石をよけながら林道走ってたのに、これはあきらめねばなりません。

ただ、平地なのでなんとかなりそうです。

二足二輪でふんがふんがと、無事走りきったあかつきには、

11
拍手してもらえました。

ええ、できない子がちょっとだけみんなと同じことができるとほめてもらえるのです。


IMG_0036
次もガレ場があって走りきったところで、


IMG_0038
山がないせいか、単に運が悪かったのか、山がないせいか、Wさんがパンク。


その先にも土砂崩れがあって見に行った先発隊が戻ってこないので、


手前まで走っていったら、


土砂崩れの先しばらく逝ったとこで、道が抜けていてなかったらしく、


IMG_0040
ここで勇気ある撤退とあいなりました。


その後も道を間違えたり、行き止まりだったりしながら、下界までおりてきまして、



IMG_0041
振り返ったら砂防ダムのようなとこが土砂で埋まってます。


無事、駐車場まで戻ってきました。



林道の日陰で、

IMG_0029
今年初雪や霜柱見ました。

林道だけだと待たせまくりなのですが、適度にちょっと走ると土砂崩れとかがあってみんなが止まって開拓してくれるので、そのときに追いつくためちょっとだけ気が楽でございました。

それでもお待たせましたが・・・

みなさま、お相手ありがとうございました。