へなぴこの「ああ、人生すべてネタ」

田舎に引越し、ほそぼそと地味に生きています。                                                                    運んだ荷物を開封したら、笑いの神もついてきていました・・・

桑田山エンデューロ

2018桑田山エンデューロ その8

竹や木がはえてて、ちゅるちゅるなんですが、

まずは、沢を下ります。



14
石がごろごろしていて、台風のあとだし、ずっと水が流れてます。

15
音がするからよけたら、まろさんでした・・・


PA070090

沢をくだりきったら、ここの林間区間をセクションまじえてのぼっていきます。


16
休憩してたら、ミカン農家さんが行ってしまいました・・・


17
こびとさんもおりますが、どうやら、私がこけるのを見届けたいらしく、じーっと待ってます。

ご期待に添えず、ここはこけなかったのですが。。。

その後、横移動してらかの

17-1
タケダ君がスタッフしているセクション。

ちょうど登り切るとこに石があって、つるつる磨かれてます。

せめてここまでは後輪をあげねば・・・

登り切ったとこでとまってしまい・・・
18
はい、走ってきてくれて、前輪まわしてもらいました。

もはや、前輪回さないと私に何を言われるかわからない恐怖感があるのかもしれませんが、ありがとうございます。

その後は九十九折りを登っていって、林間最後のセクション。


19
前方でわいわいやってるのでしばし見学。

まろさんとM田さんがおりますね・・・

ここもスタッフが数人いてくれてますが、なにやら前方では数台こけてる様子。

PA070091


前があいたので行こうとしたら、

20
写真のまろさんの位置ぐらいの何もないとこで谷側にこけました・・・

シクシク。。。

起こして休憩。

21
そんな私の元にやってきたのはハスク。

そう、持ち主はみっつ先生。

ここでも指さして、ラインを相談。

とにかくスタッフのいる位置までは後輪をあげろと・・・

22
で、猫耳族高知支部さんが見守る中、無事、後輪あがりましたが、ここから左に曲がらないといけないのに、毎回、木に抱きつきました・・・

ええい、この木がじゃまじゃ・・・

でもこの木がなければ、私は転がり落ちてたかも・・・


23
馬生駆屋さんまで・・・排除すみません・・・

でも思ったよりかは登れたので、引っ張り上げると言うより、

やっぱ排除?

じゃまにならないとこまで乗っていってって言ったら、

24
予想外に遠くまで乗っていく高知支部・・・・


こらあ、歩くのしんどいやんかあああ!

歩いてでしか追いかけられないへなぴこさん。


25
しかも、左側に登るコースなのに、コース右側にバイクを止めるもんだから、



激おこぷんぷんのへなぴこさん。


助けてもらったのにもかかわらず、

もうちょっと左側にして・・・と人使い荒く要望を伝えて、無事林間を脱出したのでありました。

次の周回で、同じく、じゃまにならないとこまでよけて・・・って高知支部さんに言ったつもりが、乗ってくれたのはハカタさん。。。。

す、すみません

でも、ちゃんと遠くまで乗らずにすぐにバイク引き渡してくれました。


林間のスタッフの方、毎周お世話になりました。

2018桑田山エンデューロ その7

登ったからにはくだって、また登らないといけません。

PA070088
まあまあ斜度ありますがここは登って、木を起点に右側にキャンバーでターンして降りないといけないわけです。


08
カメラの画像はこんな感じ。お空がきれい・・・とか思う余裕はなかったですけどね。



私の場合は、キャンバーでターンとかむずいので、

登れるだけ登ってから止まって、スイッチバックで向きを変えておりました。


その後は、ロックセクション、丸太セクション、二段ステアと続きます。

IMG_3865
まずは、まろさんもこけてるロックセクション。

1周目はこけなかったのですが、私もあとの周回でこけました。

石の上でこけると、心のダメージがでかいですね・・・

そして丸太へ。


09
最後の丸太がこえられない・・・

何回か押したけど越えない・・・



10
しゃーないから、倒してひきずってやり直しです。



11
ともちゃんもやってきて同じことしてます。

手伝ってあげたかったけど、丸太からひきずるのに相当時間と体力使ったので、アドバイスのみ。

「倒して引きずったほうが早いと。。。」

アドバイス通りに引きずってました。

しばらーく休憩してから


IMG_3863
再チャレンジ。

どう見ても左足あがってます。


12
はい、こけました。


でも、今回は違います。


前輪が最後の丸太を越えてるのです。

こうなれば、こっちのもの。


向こう側に引きずって無事クリア・・・


その後は2段ステアです。

下から一気にあがればなんの問題もないのですが、下見をしてないもので、1段目でとまってしまいました。


仕方ないのでそこから再発進。



はい、こけました・・・



見学にきていた方に助けてもらって、



まさか、



ここで、





13
ライダー自ら、お手本のような前輪回し・・・



その後、ちゅるちゅるでしめしめであろう竹藪コーナーに向かうのでありました。





2018桑田山エンデューロ その6

先週は、日曜日バイクレース、

火曜日、金曜日ソフトボールの試合、土曜日会社のソフトボール大会で2試合こなし、

日曜日は地区の草刈デーだったので雑草をむしって、そしてそのいきおいで肥料を買いに行って、家庭菜園を耕し、玉ねぎを植える準備までしました。

毎日、なんの筋肉痛かわからん筋肉痛に悩まされ続けました...



さて、ようやく中級クラスです。

私は、早々に着替えてましたが、なんと、中級クラスにエントリー。

中級クラスの方が危なくないからという、おおよそ一般家庭には理解しがたい理論です。

こう見えても、まだまだ左肩に大いなる不安と、スピードを出すことに対しての不安を抱えておりまして。。。


初級クラスだと、一生懸命アクセルをあけないといけない
  ↓
こけたら、吹っ飛ぶかもしれない
(前回桑田山の初級クラスに出たとき、バイクより前に吹っ飛んで、けがしたときと同じ用なこけかたをしました)
  ↓
中級だと、自分のペースでてけてけ走るから、ぼてっとしたこけかたしかしないはず
(一発目のヒルクライムで左側にこけて、まあまあ危なかったけど)
  ↓
よって、中級のほうが危なくない。

あと、ヒルクライムしたい・・・

です。

こびとさんはこの理論を理解してくれましたが、

悪い人なので、心の中で、

「どーせ、1周もできへんやろな」

と思ってたそうです。


こらぁ!フリーライドへなぴこスペシャル仕様なめんなよ!


あ、へなぴこさんのうるさい要望に答えて、スペシャル仕様にしてくれたのはこびとさんですけど・・・

代走したるでとか、スタート前に言われたし・・・


そのようなわけで、目標を3周、1周30分ペースでまわることと定めました。

この目標をこびとさんに言うと、1周できるかな?ですって・・・

PA070054
嫁様がこの日開催の高知のマラソンに出るというので送迎し、合間に見に来たY野さんと、ワークスライダーTさんにカメラをたくしました。


PA070059
へなぴこさんもスタート地点へ出発です。


01
ここからはヘルカメ画像をまじえて・・・

お邪魔にならないよう、後ろでスタンバイです。


02
逆光で見にくいですが、スタートヒルではバイク投げ合戦が始まってました。

しばし見学。
IMG_3848


IMG_3851
こびとさんが映ってますが、

PA070061
1回目は失敗してましたが、すぐに下までくだって、やり直して消え去りました・・・

IMG_3854
うしろにひっぱられるミカン農家さん。


IMG_3857
M田さん、登頂。

IMG_3858
ミカン農家さんも登頂。



相当見学してまして、台数もずいぶん減ってきました。

右側にいったん休憩する場所があったのですが、直登を選択してみました。

IMG_3859
左側のほうが難しいラインなのですが・・・


PA070063
はい、ナイスショットです。



拡大してみましょう・・・

33

フロントがとられまして、左側にこけるという失態・・・




ああ、左あぶないのに・・・


03
そんなわけで、バイクが自分より上にあります・・・

スタッフのハカタさんが走ってきてくれました。

IMG_3860
早速、やっちまった・・・となげいてます。


IMG_3861
うんしょ、うんしょ。

05
右側から行けといわれたので、素直にそうします。


PA070066
なんとかいったん止められる場所まで登って、

PA070067
もっと下がれとひっぱってもらい、


PA070068
みっつ先生にアドバイスしてもらいます。



06
黄色い旗の右側を狙えと・・・


PA070069
生暖かく見守られ、

あ、まだ下側ではやらかしてる感じですね。


07
Y野さんが待つ上まで登れました。

ちなみに、Y野さんは、写真撮ってない!

と言ったので、

「なんでやねん!

と、へなぴこさんは、お怒りの言葉を投げかけてました・・・


これでとりあえず、スタートヒルを登れず、下で90分過ごす・・・という最悪のパターンからは逃れましたな。




桑田山エンデューロ その5

ライダーズミーティングがはじまりました。


PA070020

PA070019
なにか食べてる人おりますけど・・・

へなぴこさんは、ウェアも着替えて準備万端。


PA070018
この人の本日のTシャツはこれでした。

まだ威勢がよくて、ピチピチ新鮮な頃です。



PA070034
ドローンの撮影もございました。


さて、初級クラスからはじまります。


PA070030
前日は高知市内にお泊まりして体調ばっちしのおいさん。


IMG_3833
貫禄十分。

しかし、その貫禄はレースには不要じゃ・・・


PA070031
ワークスライダーみたいなTさん。




IMG_3834
一番先頭にならんでの、

PA070036
スタートです。


PA070033
おいさん、ホールショットです。




PA070048
しかし、1番にピット周辺に戻ってきたのはハッシー君。

おいさんが戻ってきて、写真を撮ったら準備しようと思ってたのに、なかなか帰ってこない。



あのホールショットが、走るおいさんの最後の姿でした・・・


その後、おいさんを見かけたものはいなかったそうじゃ・・・



くまのプーさん、森の妖精に生まれ変わるの巻



・・・完・・・





で、しばらーくたってから、

IMG_3844
ピットに近いとこにバイクおいて、レース中に歩いて戻ってきました・・・



チェッカー待ちするんですと・・・



40分のレースで早々にチェッカー待ちするんじゃねー!

2018 桑田山エンデューロその4

台風の心配もありましたが、当日は晴れました。

ピットは一番高い位置にあり、下から車であがっていくのですが、

道中見えるコーステープ張ってる斜面を見ながら、

さすがにここは上級やろ・・・、ここも上級やろ・・・とか車内で話してたのですが、、

はい、見えてるとこすべて中級も走るとこでしたね・・・

PA070017
しかし、真夏のような暑さ・・・

IMG_3811
ピットはぬたぬたの

BlogPaint
どろんこですわ。

当然、コースの林間部分も同様と思われ・・・

BlogPaint
数年前まで、家族に出張と言ってエンデューロレースに参加していた白水会さん。
(なぜ、ばれない?)

当時ハイエースでしたが、いさぎよくハイラックスのピックアップにして真実を告げてレースに参加することにしたそうな。
(以外にあっさり、いってらっしゃいと言われるらしい)


PA070015
参加賞はこちら。

食べ物ありがたいですね。

その地区に貢献している感じも素敵です。

さてピットでは、


IMG_3819
オイル入れすぎたやら、

PA070028
タイヤ交換するやら、



IMG_3815
久々のレースで、独特のセンスを発揮する人やら・・・

BlogPaint
がっつり朝ごはんを食べる人やら、

手負いのくまのプーさんやら、
(肋骨にひび入ってるけど、自らの内に秘めたるお肉でさらに圧迫してるらしい)


PA070024
バイクに虫除けキンチョールをふりかける人やら、
(違ったっけ?)


IMG_3823
なんだかバイクの調子が悪くて、

IMG_3831
いろいろ原因を考えるけど、

IMG_3824
どんどんばらしていき、


PA070016
こんな姿にまでする人やら・・・

はて、この人は参加できるんでしょうかね・・・


IMG_3825
こちらは、あまりのピットのぬたぬた具合に躊躇してましたが、観念してバイクを下ろすことにしたこびとさん。

はい、フリーライドさんは、後輪トラタイヤでございます。

コンデションを見て、当日交換しようかとも思いましたが、タイヤがかわったところでシビアにその恩恵を受けるほどの腕前ではございませんのでやんぴしました。


そして、

PA070023
今回もっともいじられるであろうことを覚悟している、この日お誕生日のミカン農家さん。


ま、このときはまだ知るよしもなし・・・

最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

へなぴこ

過去のネタ(HPより)
バイク
 へなぴこ所有バイク
過去の日記
 これまでの日記
 2005年はコチラ
 2004年はコチラ

2006年までの出来事
 2007年からはblogで書いてます
用語集
 普段は役に立ちません
格言
 なんの重みもありません
ぷるふぃーる
 育成記録です

メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ