へなぴこの「ああ、人生すべてネタ」

田舎に引越し、ほそぼそと地味に生きています。                                                                    運んだ荷物を開封したら、笑いの神もついてきていました・・・

壁登り

一番最後にやってよと言われていたこと


日曜日は、ちょーちょー久しぶりにクライミング教室に行ってきました。


IMG_2871
おニューのハーネスです。

1年以上前に買ったおニューですが、使うのは初めて・・・

ようやく使うことができます。

肩に負担がありすぎるので、一番最後にまわすように言われていたクライミングをようやくやってみます。

が、しかーし、明け方までの雨のせいか、

山岳会の会長さんと、


IMG_2876
同じ市内の上手な消防士さん

の2人しかおりません。

山岳会の人間もいなければ、体験者もいない。

この体験教室を取り仕切る副会長は今、ネパールに登山に行ってるからその影響でしょうか・・・


ま、しやーないからリハビリかねて少し登ってみました。

IMG_2873
こびとさんも久々です。



IMG_2874
私は、体験者用の初心者ルートを5本登ってみました。


ま、出来ない動きはありましたが、想定の範囲内ですかね。

オーバーハングで左手を上に出せなかったです・・・


その後、一人体験したいと若いおにーちゃんが来てくれたから、いろいろ教えてこの日は終了。


すぐ近くでチューリップがたくさん植わっているところがあるから見に行きました。
ちょっと、時期がずれてしまって、花は終わりかけ。
IMG_2880
私が撮った写真。

センスのかけらもありません。




IMG_2882
こびとさんにカメラを渡して、撮ってもらった写真。


IMG_2884
これもこびとさんが撮った写真。



おうちに帰って、

IMG_2890
私が撮った、ベランダのど真ん中で寝るモップの写真・・・


行き倒れてるわけではありません・・・


見るたびにびびるので、もう少しはしっこで寝てもらいものです。


西条クライミングと歓迎会?

土曜日はこれまたちょー久しぶりに西条にクライミングしにいきました。


IMG_8224

石鎚山系がうっすら白いですね。

立場は指導員ですが、もう指導してもらわなあかんレベルです。

そんな中、

IMG_8227

西条と新居浜より自転車の友人が来てくれたので指導。

おお、指導員らしい。


私のことをさんざんblogでいじってくれて、ウクレレの練習しすぎて指を痛めたOさんは見学。

IMG_8225


IMG_8226

だけど、私が指導しているのを聞いて、イメージばっちりやと、タコ躍りのようなものを開始。

ま、次回指がなおるのを楽しみにしておきます。

IMG_8228

ハルミさんは前回(約1年前)より上達。

Sさんはクライミングシューズを買っただけあってだいぶ上達。

抜かれないように気を付けます。


その後、いったん帰宅してから三間へ。


なんでも4月に愛媛に戻ってきたこびとさんの歓迎会(という名の飲み会)をしてくれるとのことで、

今さら感がありますが、旧庄屋の毛利邸ってとこへ。

IMG_8229


IMG_8234


IMG_8236

いろりがあるのでいろんなもの焼きました。

で、寝袋で寝て解散。

IMG_8240


IMG_8243


IMG_8245



IMG_8246


朝見てみると、なかなか趣のあるおうちです。


ここは毛利邸を守る会ってのに年会費1000円払うと格安でお泊まりできるので、大勢での宴会にはいいかもしれません。

ただ、布団はないので寝袋は必要ですが・・・


朝御飯を食べていると見学の方がこられて、お互いびっくりしました。


帰宅後はTTRとちょっと格闘してから、フリーライドのリアブレーキと格闘。


二人がかりでエア抜きしましたが、直ったと思った瞬間スカスカに。。。


とりあえず、原因が判明したので先週よりかは前進?しました。

半年ぶりのクライミングと河川敷

日曜日は半年ぶりにクライミング教室に行きました。

最初はイベントがあったのでちょっと手伝いをしていたら、

へろへろになったまろさんが登場。

なんでも反省会のあと、反省会の反省会に行き、家に帰りついたのが午前1時ぐらいだったそうで・・・

そのときもM森さんが大活躍して、お酒飲まないので、いろんな人を送ったそうです。

さすが内子の世話役です。

その後、M森さんも登場。

今日の目標は3回以内に黄色ルートを攻略し、年を越すこと。

IMG_8207

簡単なルートで腕ならし。


IMG_8208

黄色にチャレンジするも・・・

IMG_8209

年を越せないようで・・・


まろさんのときはビレイしたから写真はないのですが2回目で登れました。さすが、半年前に一度登っただけあります。

まろさんが動画を撮っていたのですが、M森さんは相変わらず、

「無理~」

と、叫び回って、その場にいたみんなをなごませて?ました。



この日は昼過ぎに撤収。


次の現場に3人で向かいます。



かっちょよくフローティングターンをきめるけん玉名人。

IMG_8217

いい瞬間が撮れました。



で、ウィリーの練習もしていたのですが、失敗して尻餅。。。


その代償は。。。


IMG_8215

ぷいっと曲がっただけではなくて、

IMG_8216

バキッ
って感じですね。

IMG_8220

ここにちょうつがいつけたらいいよ。

と、J仙人がナイスアドバイス。

ちょうつがいつけて、スプリングで戻るようにしたらいいですね。


でも、これだけフロントを浮かせられるのはすごくうらやましい。



フリーライドもフロント浮きやすいので(本人の意思とはうらはらに)、

ちょっとは練習してみようかなと思う今日のこの頃でした。


IMG_8218

そんなわけで、わいわいがやがや・・・



で、この日の目的は、金曜日にとっこちゃんから送られてきた


image

この写真。



試乗会をしてくれるとのことでヘルメットとブーツ持参しました。

TTRはまだ外装つけてないし、フリーライドはリアブレーキがすかすかで効かないのでおいてきました・・・

ちなみに、レース中から効かないなあ・・・とこびとさんは思ってたらしいですが、私は気づかず、ヒャッホーとノーブレーキで下ってました。。。


しかし、長尾の砂の後遺症はでかいですね。

けんだま名人のバイクもエンジンかけただけで、車体からバラバラ砂が落ちてました。


我が家も2回洗っても、まだパーツはずすたびにこびりついた砂が現れ、

隙間にかみこんだ砂がほじくってもほじくっても出てきます。


レース中はあまり重さを感じなくてよかったのですが、後片付けに関しては泥がこびりつくほうがマシですね。。。(--;)


聞いてないよ~な一日

日曜日は、バイクに乗りたかったのですが、

あと一人、スタッフが足らないんやと、頼まれごとをしたので、

IMG_7092

こちらのお手伝いに行ってまいりました。

することは、タイム計測係で、おおきなデジタル時計があるので、基本的には何かアクシデントのあったときにそのタイムを見て記録するだけでいいと言われたのですが、

当日の朝、人数が足らないので午前中のリードクライミングのビレイヤーを言い渡されました。

IMG_7094
係員が集められ打ち合わせ。

ビレイヤーは全部で6人。

二人がビレイして、二人が1つめのクリップにロープをかけるまでは落ちても頭は打たないように確保する係り、

二人が次登る人の準備とたしかにぎりぎり・・・

これらの役割をじゅんぐりにしていきます。


IMG_7093

大会のビレイは大変です。

何人もの参加者をビレイするので首が痛いし、

命を預かるわけですが、差をつけるため難しく設定してあり、ほとんどの人は完登できないので必ず落ちますが、いつ落ちるかまったく想像できないし、

事前にどのクラスがどのルートを登るか等々の説明がなかったので、ロープができるだけ邪魔にならないようにぶっつけ本番で考えながらでした。


まあ、一番やりたくない役割といっても過言ではございませぬ・・・


で、昼食後に全員部屋に呼び出されて、連盟のえらい人たちからダメだし・・・

その上、「このメンバーは国体でビレイをしてもらう」

「これから2ヶ月に一度ほど講習会をする、第一回目は来月のいついつ」

「ふだんビレイの練習をする機会はあるのか?」

等々・・・

聞いてないよ!

ってことの連発でしたので、

シーンと静まりかえる中、口火をきって意見を述べさせていただきました。


私はそもそもタイム計測といわれて、人数足らないからビレイをしただけである。

国体のビレイなんて一言も聞いてない。


というと、「あ、○○さんは、国体はタイム計測をしてもらう予定です。

だけど、ビレイの補助員として講習会を・・・」

といわれたので、


国体のタイム計測をすることですら初耳である。
(タイム計測なら、年末に諭吉さん支払って審判の資格取らなくてもよかったやん・・・

しかも私はここにくるのに、大変お金と時間がかかる。
(一人で来たら、高速代だけで3000円ぐらい)


というと、「交通費は検討します。」
(友人の話ではこの連盟はちゃんと申請しても交通費をほぼ払ってくれないらしい)


ということを言われ、

「国体中は4日間拘束になります」とこれまた初耳なことを言うので、

いやいや・・・と、みんなびっくり

誰かは手伝わないといけないのはわかりますが、勝手に決められると困るわけです・・・


気を取りなおしまして・・・


午後からはタイム計測になったのでほぼ見学。


IMG_7097
小さい子もがんばります。

彼は私のライバル。まだ私が勝つけど、もう抜かれるでしょう・・・


IMG_7103
成年男子のルートはスタートから意味がわかりません。

IMG_7106
優勝した人の動きなんてさらにわかりません。


上手すぎて、今後の参考になったかどうかは別として、午後からはまあ楽しく過ごしました。



朝5時30分に家を出て、帰宅は19時30分。

報酬は漱石さん一枚・・・赤字ですがな。

次回から手伝いに行くかどうかは・・・・考え物ですね・・・

行き先は内緒

日曜日は、こびとさんの会社の新入社員をクライミングにつれていきました。

なんと、こびとさんが教育係りなんだそうです。

何を教育するのかはわかりませんが、

タイヤ交換するときはシャフトをマフラーに突っ込んでおけばいいとか、

キャブの掃除方法とか、

ストップウォッチを10秒ジャストでとめるコツとか、

会社では役に立たない知識をたくさん持っているのでそれを学べばよいと思います(^_^;)

で、そのうちのひとつがクライミング。


彼は九州の出身で、まだこちらにきて1ヶ月ちょい。

ここは田舎なのに、まだ車もなければ自転車もない。

なもんで休日はスーパーに買い物と散歩ぐらいしかすることがないというので、

「高いとこはだいじょうぶか?」

とこびとさんが聞いたら、大丈夫と答えたので、

では、動きやすい格好で昼御飯を買って、コンビニ前に9時30分に立っておくようにと告げました。

何をするかは言わず、彼も聞いてこなかったそうです。

で、初めて見る景色の中、わけもわからず車で連れていかれ、

壁の前に立ってはじめて、今日クライミングすることを知ったわけです。

ちなみに行き先はこびとさんに聞かなかったものの、不安になって会社で聞き込み調査を行ったところ、

多趣味なため、いろんな答えが返ってきたあげく、

軽いとか簡単とか言われても、そんなことは絶対ないから気を付けろ!と言われたそうで。。。

それでもやってきたから、えらいです(^-^)/


この日は、やたら元気な60代以上の方々を見て驚き、

高知からカブでやってきたでかい人見てびっくりして、

午後からやってきた愉快な仲間たちをみて笑ってました・・・

IMG_7075


クライミングは楽しかったらしく、また行きたいそうです。
(まあ、そう言わざるをえないでしょうな)

そしてそのまま河川敷にもつれていき、バイクで走るのも見せたのですが、これは無理と言われました・・・
ヤッパリ(^o^;)

その後、お買い物に行って、


晩御飯をごちそうして(こびとさんが)、この日は終了。


で、

「キャンプする?」って聞いたら、


「小さい頃しかしたことないから、したい」と答えたので、


次は行き先を言わず、水も電気もないレースの前夜祭につれていこうと思います。

いきなり連れていくなら、広島あたりが面白いですかね・・・(* ̄∇ ̄*)
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

へなぴこ

過去のネタ(HPより)
バイク
 へなぴこ所有バイク
過去の日記
 これまでの日記
 2005年はコチラ
 2004年はコチラ

2006年までの出来事
 2007年からはblogで書いてます
用語集
 普段は役に立ちません
格言
 なんの重みもありません
ぷるふぃーる
 育成記録です

メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ