へなぴこの「ああ、人生すべてネタ」

田舎に引越し、ほそぼそと地味に生きています。                                                                    運んだ荷物を開封したら、笑いの神もついてきていました・・・

壁登り

年に一度の体験イベント手伝い

土曜日は年に一度のイベント

それはもう、あとからあとからどんどん子供たちがやってきて一日子供たちの相手をするという

青少年交流の家の体験イベントのお手伝いにこびとさんと行ってきました。
(7~8回ぐらい手伝ってますが、基本しんどいのでみんなやりたがらないため、前もってかなり念入りに手伝いを依頼されます)

KIMG0087
小雨まじりのあいにくのお天気でしたが、準備をします。

クライミングの他、いろいろな体験があって、

KIMG0088
なかでも、このはしご車体験が楽しそうでした・・・

KIMG0090
プールの中でカヌー体験や


KIMG0092
ミニSLに乗るというのもありました。
(石炭でちゃんと動いてました)

その他スライム作ったり、石を探したり、何十種類も体験項目がありました。

天気が悪かったので例年に比べると人数が少なめではありましたが、

KIMG0093
それでもお昼からはこんな感じでずっと並んでました。


15時30分に無事終了。

後片付けして撤収です。

依然はあまりに言うこと聞かないので怒ったりもしましたが、
(怪我するようなことをするので)

今年はわりとみんなルールを守ってくれたため、余力が残ってました。

指導できる腕前があるかを疑われる・・・

日曜日は当初、10時30分から16時30分までクライミング体験のお手伝いを頼まれておりました。

が、午前中はキャンセルになったようで13時から15時30分、親子5組の計10名だと連絡を受けまして、

そんなん10名しかおらんかったら、2時間30分もよー登らないんじゃないかな。。。と思ってたら、


ふたをあけたら、20名以上おりました・・・


なんや、この情報の混乱ぶりは・・・

DSC00209
説明をしまして、みなさんに体験してもらいました。

見るだけと言っていた大人の方にも、どーぞどーぞとうながして、ほとんどの人が楽しげに登ってたと思います。


DSC00210
なんなら、大人のほうが多かったし、一生懸命ムキになってました。


ある程度時間がたった頃、一人の少年が私に近づいてきまして、こう言いました。

「ねえねえ、ほんまに登れるの?」



おうおうおう、まぢか?


今まで、疑われたことなんぞないで・・・

君のビレイもしたし、上まで登れるようにアドバイスもしたで。。。

しかたねーなあ。。。

みんな疲れてきて休憩しているので、苦戦していたルートを解説まじえながら、登り方のお手本を見せまして拍手喝采いただきました。

恥ずかしかったですが。。。


その後に少年がまた近づいてきまして、


「すみませんでした」と

謝りにきました


いやいや、怒ってへんで・・・でもわかればよろしい。

子供は遊びをやめない(ムキになった大人も)

三連休はまたまた台風やってきました。

風がわりと強かったので、本日職場は緊急の仕事ではたはたしております。

月曜日に出かけようとしていたイベントも中止になって基本的にはおとなしく過ごしました。

日曜日は、大洲の施設より依頼があったため、クライミング体験のお手伝いにへ。

台風来てるしほんまにあるんかいな?と確認の電話をしたらやりますとのことで、合羽も持参。

14時から16時30分まで、途中、雨風強まってもやめない子供(約30名)と、保護者・・・
(登る人はあんまり濡れないけど、ビレイヤー(確保する側)は濡れる・・・)

保護者は誰も登りませんと言ってたらしいのですが、最後までムキになってたのは保護者のおっちゃんたちでございました。

ま、なんとか無事終了しました。


施設側からの依頼なので、事務所で出勤簿みたいなのにはんこを押すのですが、

そこに、ここでは初めて見る格好の人がおりました。



袈裟を来た住職・・・


出勤簿に各担当項目が書いてあるのですが(MTBとか、エアロビとか、カヌーとか、クライミングとか)、座禅っていうのがありました・・・

座禅体験ってのがあるそうです。


肩をなぐる棒もおいてあったので、叩きましょうか?ときかれましたので、

叩く方がいいですと答えておきました。


叩く側になるには、修行が必要だそうです・・・

あら、残念。


ちなみに、台風がやってきたので、

P_20190922_124105
我が家のトランポは、フリーライドの部品置き場になっております。

日曜日はちょっと働いた

日曜日は、朝8時頃に大洲の青少年交流の家に行きました。

空手をやっている小学生~中学生ぐらいの子供たち30人ぐらいがクライミング体験するのでそのお手伝いを施設側からお願いされたのです。

最初、キャンプの予定だったので悩んでいたのですが、電話がかかってきまして、

こちらが返事するまえに

「ありがとうございます!」と言われてしまい、ま、ええか早起きしたらいいからと引き受けたしだいです。

DSC00061
9時から開始ですが、8時30分頃からクライミングできるようにこびとさんと二人で準備。

依頼は私に対してなのですが、子供たちの人数が多いのでこびとさんにも手伝いしてもらいました。

いつもは説明とかは職員の人がやってくれるのに

なんかトラブルがあって9時に間に合わないので、クライミング体験を始めておいてください!と頼まれました。


ええ?何も考えてへんかった・・・

ま、ええか。

はい、だいたい、ま、ええかですまします。

子供たちの前に立って、やってはいけないこと、あぶないことを説明して開始。

職員の人もやってきて、こびとさんと3人でビレイをして無事終了。


お昼ごはんは、


DSC00062
冷麺に

DSC00063
つけ麺。


河川敷のぞきに行こうかとも思いましたが、眠たかったのでそのままおうちに帰って片付けして昼寝してましたとさ・・・

秘密の場所でなつかれる

日曜日の午後は雨の中、

とある倉庫にて小さなボルダーのコンペが開催されたのを見に行ってきました。


CaII757UsAU-eiN1

主催者(ルートの設定者)1名、参加者2名、見学者3名・・・

設定が難しくて一般ピーポーは参加できず・・・

合間に登らせてもらって12個のルートのうち、2つだけできました。

主催者さんがたこやきとおでんを用意してくれてまして、


IMG_4396
私は関西人の血筋を見込まれまして、たこ焼き係りしました。


IMG_4394
器まで用意してありました。

IMG_4395
おでんもいただいて、

我が家は差し入れにお菓子を持って行ったのですが、

参加者、見学者全員がコロッケやら、ケーキやら持ってきたのでなんだかいろいろいただいちゃいました。



こびとさんは何をしていたかというと、
e1eb0ec6

近所の愛想のいい野良猫さんにちょーぜつなつかれて(なつかれたというかベッドがわりにされた)、ずっとご飯とか食べながらもベッド係りしてました。

この猫を長い間保持したということで、主催者さんから大変感謝されておりました。



先日もここに遊びにいったら、この野良猫さんが

にゃ~(ベッド来たあ)

とロックオン、またベッド係りしてました。

最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
IMG_4514
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
過去のネタ(HPより)
バイク
 へなぴこ所有バイク
過去の日記
 これまでの日記
 2005年はコチラ
 2004年はコチラ

2006年までの出来事
 2007年からはblogで書いてます
用語集
 普段は役に立ちません
格言
 なんの重みもありません
ぷるふぃーる
 育成記録です

  • ライブドアブログ