へなぴこの「ああ、人生すべてネタ」

田舎に引越し、ほそぼそと地味に生きています。                                                                    運んだ荷物を開封したら、笑いの神もついてきていました・・・

らすとしばた

やっと完結

おっと、しばたのレポが完結してませんでした・・・困った

あいかわらず、坂道はバイクだけ発射、平坦なところでもわだちが深く、バイクだけ発射し、後ろのエントラントの人に苦笑されつつも、I氏にキックでエンジンをかけてもらいつつ進みます。

急な下りでバイクだけそっと落とすカエルを見て(下に落ちたときに起しやすいように落すのさ)I氏は

「上手にバイク落としますなあ・・・」

と誉めてくれました。

カエルは、「だってここにくるまでになんどもバイク落としてるから上手になりますがな!」

と堂々と答えました。←ちょっと間違ってる?

H野さん親子は「バイク落すとか意味わからんし・・・」と言いましたが、
次にやってきてバイクを落としている人をみて、カエルの方が上手にバイクを落としているということを納得していたようです。
いやいや、自慢するとこじゃないですけど。。。

で、ピットに近い場所で、チェッカーがふられていることを聞いて、このまま、また下にくだっていって、バイクにトラブルが起こった場合引揚げるのが大変なのでリタイヤを決意しました。

だって、ほら、3月に下からバイクを引揚げて大変さは充分に体験してますから。

その後、ピーポーでGO!(本人命名)事件もあり、大変でしたが本人さんはその時の運ばれている写真がないのを残念に思っているようです。

今回レース中は蒼さんに1度もお会いできず、ナイスなアドバイスもいただけませんでした。

でもカエルの知っているTTR乗りは蒼さんと03WRさんのお二人。

最後尾をてけてけ走っていたカエルは、(途中からは03WRをおいてきたし・・・)どの登りを見ても蒼さんがいない=ここはTTRでも逝ける(ライダーの腕前は別として。。。)と思って走ることができました。
寝起きのへろへろ具合は笑えましたけど・・・

そうそう、道中何度も

「まったく、こんなコース作ったの誰やね~~~ん!」とぶつぶつ言いながら走ってました。

なさんとかTパパとかあくしょん大魔王さんとかsamさん・・・という方々のお顔を思い浮かべましたよ、何度も何度もドクロ

なわけで、カエルは修行を決意しました。
とは言っても先生が腰痛なもんで、お山の行き方もわからないカエルは、一人で毎週河川敷練習しかできてません悲しい

たまには人のバイクも起こします

昨日の日記困ったはおいといて・・・


またまたてけてけ進んで登りに失敗してエンジン停止・・・

で、ラインをふさいでいたので、よけるのに、前でバイクがおねんねして起こすのに苦労し、休憩している人に

「すみませ~~~~ん」

と声をかけて一緒にバイクをどけるのを手伝ってもらいました。

今度はその人のバイクを5人がかりで起こすのをお手伝い。

ステップに木の根っこが絡まってて動かなかったようで、無事その人のバイクも起きたのでカエルも進もうとしたのですが、またけろ2号がだだをこねます。

ちょうどこの頃にI氏とH野さん親子に遭遇。

「え~ん悲しいエンジンがかからないのお~~~。キックでかけようにも、ステップにひっかかってうまくかからいのおお~~~~~」

と訴え、I氏にでっかい石をステップの上から落としてもらい、位置を直してもらいましたすいません

それでもキックでうまくエンジンをかけられないカエルのかわりにI氏にエンジンをかけてもらいます。

だってI氏はいっつもtmがだだをこねるもんだから、キックはおてのもの。

で、この3人についてきてもらいつつ、てけてけ進むのでした。


ところで、レース中、カメラを人にたくしたのですが、この方がうつってました笑顔

sisyo.jpg


レース中、近くでお声は聞こえてきたのですが、幸いにも残念ながらカエルは遭遇できませんでした・・・

だんだんと

final-41.jpg

「まずは写真でしょ!」がワタシの周りで定着しつつあります

まずは写真でしょ

また柴田のレポに戻ります。

えっちらおっちら進むのですが、いったん止まるとエンジン再始動まで時間がかかります。
で、またエンジンがとまって

「はあ~」悲しいって思ってると、

前からいわがすさんがやってきます。

きゃ~、ここはエンジンをかけてもらおうっと・・・

と頼む前に・・・

「写真撮っとかないと・・・」

と、リュックからデジカメを取り出してパチリ。

カエル「・・・」



でも、その後エンジンをかけてくれてカエルは進むことができました。

いわがすさん「エンジン止まったらあかんから、こけたらあかんで~」


ムリです・・・



で、てけてけ進んで、登りでこけて、ひきずりおろして休憩・・・

知らない人から工具持ってますか?って聞かれたんですけど、カエルがそんなもの持ってるわけないじゃないのお。

でも唯一、ドライバーだけは持っていたので、それを言ってみるとドライバーでいいです!とのことで、バイクを直した様子。

どうやら、カエルも人の役に立ちました。

やがて03WRさんもやってきて、どうやら、飲み物がなくなった様子。


心優しきカエルは残っていた予備のお水(ペットボトルに1/3ぐらい)を全部あげました。


で、山のお水は高いっちゅうことで、カエルはその後坂道にアタックしてまたこけたので、お水代として、03WRさんに押すのを手伝ってもらいました。



押してもらうだけじゃ悪いので、「手伝いますよ~」と03WRさんに声をかけたら、

「ワイはももいい!」と言ったのでおいていきました。


カエルより後方でリタイヤという人生の汚点をきざんだ瞬間でしたドクロ

女の子(自称)って・・・

また登って落ちてを繰り返していると、途中、まくれてけろ2号が縦のまま木にひっかかってしまいました困った
しかーし、ここでまた怪人さんの登場です。
ロープを取り出し、けろ2号を助け出してくれましたすいません
怪人さんが同じ場所でなにをやらかしたは約束したので内緒です・・・ウインク

また進んで2月のアクサバ見学のとき、うげーって思った坂のふもとに出ました。
sibata3.jpg

03WRさんは休憩中。
宮脇さんご一行様の見事な滑車プレイを見学した後、奥村さんがやってきて、

「一回でもアタックしたんか?」

カエル「まだです」

奥村さん「広サバの最後の坂の助走が曲がっているだけやと思って、一速全開で逝け!」

カエル「あーい!」

で、上の写真を見てもらったらわかりますが、右奥から発射し、カーブしながら、おしている人がいる手前の坂にアタックします。

途中、他の人とぶつかりかけてアクセルをちょっとゆるめてしまい、坂の途中で失速・・・

あと1mほどで投げてしまいましたロケット

奥村さんが「みなさーんご協力お願いしまーす」と、坂の上で見学していた人たちに声をかけてくれて、そこにいたみなさんが引きずり上げてくれましたすいません

カエルはみなさんに「ありがとーございまーす」とにっこりとお礼をしました。

あとから聞いた話だと、その後03WRさんが同じ場所にアタックしこけても、ヘルプはなかったといううわさ。


うーん、女の子(自称)ってこういうときは得ですハート
頑張ってたら助けてもらえます。

特にカエルのことをあまり知らない人は女の子って思ってくれるし~~~~。
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
過去のネタ(HPより)
バイク
 へなぴこ所有バイク
過去の日記
 これまでの日記
 2005年はコチラ
 2004年はコチラ

2006年までの出来事
 2007年からはblogで書いてます
用語集
 普段は役に立ちません
格言
 なんの重みもありません
ぷるふぃーる
 育成記録です

メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ